FSEM

×

​ReVC

トップアスリートへの指導で知られるFSEM考案者の庄島義博氏。世界で唯一のその内容に海外のナショナルチームからもオファーがあります。今ではより高いパフォーマンスを求めるアーティストへも多くの指導実績があり高い信頼を集めておられます。そんな庄島氏と弊社代表の山森隼人が協力して取り組ませて頂いたのがflumpoolボーカル山村隆太様の「歌唱時機能性発声障害」からの歌唱復帰サポートです。

チーム体制でバックアップさせて頂き、TEAM YAMAMURAとして学術的分析とボイストレーニングそしてこれまでに無いボディーワークを融合。山村様の歌唱も本来の魅力的で力強い状態にする事が出来ました。

この取り組みの中で研究を重ねた内容を、より多くの方へ体験して頂くべく

「FSEM」「ReVC」のコラボプロジェクトとして多くのボーカリスト、歌唱者へ広めて参りたいと考えております。

庄島義博プロフィール

FSEM(エフセム)トレーナー

日本味感学®協会(JMA)代表理事

  

・五感(味覚、視覚、聴覚、嗅覚、触覚)の体に対する反応を利用したFive Senses Effect Method(FSEM(エフセム))考案者。

   

一人一人の個性を最重要視し"ベストパフォーマンスを発揮できる土台づくり"をコンセプトに主に以下の指導を行っている。

     

・体の状態、タイプ診断(FSEM基準に基づく)

・状況、状態に応じたオリジナルルーティン作成

・その日の最大効率を狙ったトレーニング、ボディチューニングサポート

・疲労回復、不調改善のための眠り方

・効果、効率を意識したボディメイク

・個性を生かしたダイエット

   

また、全国各地で後進育成スクール、技術提供セミナー、講演会、国内外の企業研修を行う。

    

・パーソナルトレーナー歴14年。これまでの30,000時間を超える指導経験に基づき“人は1人として同じではない”という信念のもと、「その場で変化を体験できる」指導スタイルは、クライアントやトレーナーからも高い評価を受けている。

プロスポーツ選手をはじめ、ミュージシャンやタレント、モデルからの信頼も厚い。ポリシーは、「体の声を感じてもらう指導」。

ダウンロード (1).png

© 2019 Re vocal coaching